当社のブランド開発

ブランドデザインの専門家として、
企業の長期的な価値創造の取り組みをお手伝いいたします。

ブランディングの定義
製品は工場で作られるが、ブランドは頭の中でつくられるーブランドとは単なるイメージやロゴだけではなく、企業や商品を通しての体験が顧客の経験として蓄積された結果、形成されるものです。ブランディングのアプローチはこの考えに基づき、顧客のなかに経験を蓄積する方法を創造し、整備していきます。そのためにはブランドの世界観を形や色で具体化する必要があります。すなわち、ブランディングとは、企業の価値やビジネス戦略を直感的に訴えかけられるように視覚化することで、顧客の心の中に一つの世界観を構築する方法論です。
ブランドをビジネス戦略の中心に据える
企業や商品・サービスが競合に差をつけビジネスを成長させるためには何が必要なのでしょうか。
それは自社のブランドコンセプトを軸に据えたビジネスの枠組みを持つことです。事業戦略にも組織にもそのブランドコンセプトが反映されることで、企業やブランドが関わる全ての人たちに共通の価値観を生み、それを率先して実践しようとする好ましい行動をうながします。経営者にとっても、また従業員や顧客にとっても、前向きで新しい発想が拡がり、ビジネスの健全な成長と効率的に利益を生むための原動力となるのです。ブランドは事業を継続させる仕組みとして欠かせないものであり、企業競争力に直結するものとなっています。
効果的なブランディングとは
宣伝広告などの外部メディアは費用の大きさに比べてその効果的な期間は短く、巨額の費用を投入して定期的に更新していかなければ鮮度のあるコミュニケーションが維持できません。それに対してロゴなどのビジュアル表現、WEBサイトなどの自社所有メディアは必然的にビジネスに必要となるものであり、一定の期間継続的に使用することで蓄積効果を発揮するものです。このように賞味期限が長い自社所有メディアを有効に活用することが、費用対効果の面でも、相乗蓄積効果の面でも、ブランドコミュニケーションのためには有効と考えています。
ところが、残念ながらこの構造を意識せず、自社所有メディアの整備をおろそかにしたまま広告プロモーションを行う企業は非常に多いのです。マーケティング戦略の実践においても、まずは軸となる企業や商品・サービスのブランドコンセプトをしっかりと定め、その本質からずれないように一貫性を保ったビジュアル表現を展開し、ブランドの世界観をつないでいくことが基本です。
ユニークなブランド開発ツール
ブランドの最終的なゴールを明確に定義するために、ブランドポジショニングワークショップというアクティビティを行います。ブランドの現状と将来像を、ビジュアルと言語で比較しながらブランドを差別化する要素を抽出していきます。そして参加者が自分たちのブランドについて考えるきっかけをつくります。このステップは、ブランドコンセプトの開発にあたって不可欠かつ大変重要であり、これによって理念やブランドの魅力が十分に反映されたロゴマークやデザインの開発ができます。
Top Service 当社のブランド開発
page top